腰痛/五十肩の施術法

  ここでは、経絡整体で特に数多く扱う 腰痛(ぎっくり腰)・五十肩の施術法をご説明します。

 

 腰痛(ぎっくり腰)・五十肩辛いですよね。

 

 私自身も腰痛・ぎっくり腰・五十肩の経験者だからよく分かります。

 特に、ぎっくり腰歴はかなり早く、高校生の時でした。

その当時、私はサッカー部に所属しており練習後、顔を洗っている時、いきなり腰にピキッと激痛が走りました。まさに「魔女の一撃」(ドイツではこう呼ぶらしいです)

 それから現在までぎっくり腰は計4回(笑)、五十肩は右肩が一回。こちらは少ないですが、ぎっくり腰に匹敵する程の激痛に驚きました。

 

 五十肩になった時、ぎっくり腰の時に効果のあった針治療に通いましたが、何回通っても効果はなく、これは五十肩ではなく骨に異常があるのではないかと思い整形外科にも行きました。そこでは、レントゲン等で検査をしましたが、骨にはどこも異常がなく お医者さんには「これは五十肩ですね。一年経って気がついたら治っている事もあります」と言われ、処方されたのはシップのみ・・・。

 

 この痛みが一年も続くのかと、憂鬱な気分になり、日常生活にも支障をきたす程の痛みだったので、必死になって五十肩に効くと言われる整体・マッサージ等を試しました。しかし私の五十肩は一向に良くならず、もうこの痛みは取れないのかなと諦めかけていた時に経絡整体という施術法がある事を知り、その時、初めて聞く施術法だなと思いましたが、直感で、これは何かしら効果がありそうだと思い、藁をもつかむ気持ちで受けてみました。

 

  すると、一回で痛みが全部取れたとは言えませんでしたが、今までの針治療、マッサージ、電気治療、整形外科等の治療よりもはるかに楽になり ”これはすごい!” と思い、感動しました。

 

 そこは、経絡整体の学校も併設されており、この技術を学びたいと思い入学しました。そして間もなく五十肩の痛みもまったく無くなり、全身の経絡を整えるので、時々痛みが出ていた腰痛、ひざ関節痛も治ってしまい、この経絡整体は間違いないと確信しました。

 

 <五十肩の施術法>

 

 経絡整体をベースに、推拿、操体法、お客様の症状に合わせた施術法で行います。

 五十肩は、症状的には急に痛みがでたように感じますが、骨折や骨の異常・変形等は除いては慢性的な筋肉や筋の疲労や小さな炎症が積み重なって起きた蓄積疲労が原因と考えています。

 

 1 まず一番痛い箇所を特定します。そしてどのような動作、姿勢の時に痛みが強いかをみてそこの個所に関係のある経絡に少しづつ刺激を与え筋肉や筋を緩めて行きます。

 2 一番痛い箇所がやわらいで来て痛みがなくなると必ず潜在的に痛んでいる別の箇所が出てきますのでまたそこに関連した経絡に刺激を与え筋肉や筋を緩めていきます。

 3 上記の施術法を繰り返し行う事で肩全体の痛みが和らぎます。

 

(一回の施術で痛みが完全に取れる事もありますが、ひどい五十肩の場合は、痛みが残ってる事もありますので、日をおいて2~3回施術を受けられる事をお薦めします。)

 

  <腰痛・ぎっくり腰の施術法>

 

 ひどい腰痛の時は、腰には直接触れずに、脚、臀部、背中、腕の経絡に刺激を与え腰の筋肉や筋を緩めて痛みを和らげていきます。

 

 腰の横に痛みがある場合は、脚の大腸の経絡と臀部の膀胱、心包、小腸、脾の経絡をほぐしながら腰横の痛みを和らげます。

 

 腰の真ん中に痛みがある場合には、脚の膀胱の経絡をほぐし、それから仙骨の緊張を和らげる仙骨調整法を行い腰の真ん中の痛みを和らげて行きます。

 

 

 五十肩・腰痛・ぎっくり腰でお悩みの方、是非一度、お試し下さい。

経絡整体(腰痛・五十肩)

・60分 4,980円(税込)

・90分 7,480円(税込)

・120分 9,000円(税込)

*VISA,JCB等 各種カード使えます